ニュース

普段は敵チームも…同じ高校、大学、社会人の出身者で自主トレするケースは?

無断転載禁止
中央大の後輩・鍵谷陽平(日本ハム)と自主トレを行う巨人の沢村拓一
 正月休みも終わり、自主トレを開始する選手が増えてきた。チームメイト同士で汗を流す選手もいれば、他球団の選手とトレーニングを積む選手もいる。ここでは、同じ高校、大学、社会人出身の先輩、後輩同士の自主トレの組み合わせを見ていきたい。

 中央大出身の沢村拓一(巨人)と鍵谷陽平(日本ハム)の2人は、ハワイで自主トレを行っている。大学時代は沢村が2学年先輩で、鍵谷とは2年間、東都リーグ制覇を目指し汗を流した。プロでは別のチームでプレーしているが、リリーフを働き場所にしているという共通点がある。沢村はこの自主トレで「野球がすべてという生活をするつもりだし、成績を残すための準備をしに行く」と意気込でいる。

 また、1月3日には小谷野栄一(オリックス)、小川泰弘(ヤクルト)ら創価大OBの選手たちで、合同自主トレを行った。合同練習後には小川が、今年のドラフト1位候補の田中正義(創価大)に遭遇し、握手を交わしている。ちなみに、小川がプロ入りした13年に田中が入学したため、一緒にプレーした経験はない。

 その他、横浜商科大出身で同級生の岩貞祐太(阪神)、西宮悠介(楽天)、東京ガス時代にチームメートだった石川歩(ロッテ)、遠藤一星(中日)なども合同自主トレを行った。

 過去を見ても、西岡剛(阪神)、平田良介(中日)、中田翔(日本ハム)といった大阪桐蔭出身のメンバー、打撃のヒントを掴むため小林誠司(巨人)が、日本生命の先輩・大島洋平に弟子入りを志願しているなど、同じ高校、大学、社会人出身の先輩と後輩同士で自主トレを行うケースが意外と多い。

【主な自主トレ人脈図】

中央大出身組

・沢村拓一(巨人)、鍵谷陽平(日本ハム)

日本大出身組

・館山昌平(ヤクルト)、十亀剣(西武)、吉田一将(オリックス)

横浜商科大出身組

・1月5日に岩貞祐太(阪神)と西宮悠介(楽天)で自主トレ

創価大出身組

・1月3日に小川泰弘(ヤクルト)、小谷野栄一(オリックス)、八木智哉(中日)ら7人で自主トレ

東京ガス出身組

・1月6日に石川歩(ロッテ)と遠藤一星(中日)が自主トレ

【過去】

大阪桐蔭出身組

・西岡剛、平田良介、中田翔

早稲田大出身組

・斎藤佑樹(日本ハム)、福井優也(広島)、大石達也(西武)

慶応大出身組

・高橋由伸
→巨人の後輩と大学の後輩・伊藤隼太(阪神)

日本生命組

・大島洋平(中日)、小林誠司(巨人)
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西