ニュース

球団、球場の“一体経営”により実現 球団初の「BAYSTARS ALE」を販売開始!

無断転載禁止
ビールのイメージと合わせたクラフト感に身を包み、BAYSTARS ALEを販売!(C)横浜DeNAベイスターズ
 DeNAは23日、球団初のオリジナル醸造ビール「BAYSTARS ALE(ベイスターズ・エール)」を2016年シーズンより横浜スタジアムの場内にて、販売をスタートすることを発表した。

 「BAYSTARS ALE」は2015年8月、DeNAの選手らに対して、ビールの色、香り、苦味など細かく好みをアンケート調査し、醸造家とともに追及して生み出したオリジナルビール。販売開始以降、横浜スタジアムに来場した方からも好評。2015年9月には、日本最古のビール審査会「インターナショナル・ビアカップ2015」にて、アメリカンスタイル・ウィートビール部門を受賞した。

 販売場所は、場内スタンドとコンコース売店で、「BAYSTARS ALE」のクラフト感をイメージした衣装に身を包んだ、販売員約25人が内外野のスタンドで販売。コンコースでは内野5店舗、外野2店舗での販売を予定している。

 魅力的なボールパークを目指すためにも、オリジナルのおいしい名物飲食が不可欠だと考えた球団のアイディア。ぜひ球場に足を運び、そのビールの美味しさを味わってほしい。

 

「BAYSTARS ALE」販売概要


【商品名】BAYSTARS ALE(ベイスターズ・エール)
【販売日】3月29日(火)~
【場所】横浜スタジアム場内スタンド、横浜スタジアムコンコース売店、BALLPARK COFFEE
【価格】700円(税込)
【内容量】480ml

ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西