ニュース

ヤクルトの開幕3失点以下記録は14試合でストップ 3つの押出し四球で自滅

○ 巨人 6 - 1 ヤクルト ●
<3回戦・東京ドーム>

 ヤクルトが手痛い逆転負けを喫し、このカード負け越し。開幕から続けてきた3失点以下試合も14でストップし、先発の杉浦は開幕から3連敗となった。

 今季初勝利を狙った杉浦は、この日も粘りの投球で試合を作った。毎回のように走者を許すも、バックの攻守もあり6回まで0行進。7回に打線が1点を先制し初白星が見えたが、その直後の四球からすべての歯車が狂い始めた。

 杉浦は勝利投手の権利を持った7回裏、先頭の8番村田をサードゴロに打ち取るも、今季いまだ無安打の代打・セペダに対し、カウント3-1から四球を与えてしまう。すると、続く1番金城にセンター右へのヒットを許し一、三塁。今季初勝利を救援陣に託し、7回途中104球でマウンドを降りた。

 しかし、ここまで安定感抜群の投球を披露してきた救援陣が自滅。2番手の中沢が代打・高橋由に四球を与えピンチを広げると、続く亀井にも押し出し四球を与え杉浦の初勝利は消滅。さらに、代わったオンドルセクも4番坂本、6番井端に押し出し四球を与えてしまい、この回は3投手で計5四球を与え一気に3点を失った。

 ヤクルトは8回から登板した4番手・秋吉も精彩を欠き、味方の失策絡みで3失点。これで開幕から続く連続3失点以下の試合記録は14で途切れ、結果的に7回途中2失点の杉浦に今季3つ目の黒星が付いた。

 打線も巨人先発・高木勇を攻略できず7回まで1得点。この日は2番三輪、6番森岡、7番武内と、高木勇対策として左打者を5人起用したが、打線組替えも奏功せず、またしても粘投する杉浦を援護できなかった。
ツイート シェア 送る
  • ALL
  • De
  • 西